宇治市 源氏物語ミュージアム TOP サイトマップ
  THE TALE OF GENJI Museum  
 
ミュージアム情報 展示案内 利用案内 アクセス 源氏物語と宇治 もっと源氏物語 ミュージアムCM 蔵書検索 源氏物語千年紀
 
 
ミュージアム情報
 
 
  全12件  1件目 から 10件目を表示中  
 
 最初   前   [  1  |  2  ]      最後 
 
臨時職員(受付)の公募について 2017,12,12, Tuesday
源氏物語ミュージアムでは臨時職員(受付)を募集しています。

1.募集人数
 1名

2.勤務場所
 源氏物語ミュージアム

3.任用期間
 平成30年1月1日〜平成30年3月31日(更新の可能性あり)

4.勤務日
 休館日(月曜日、祝日の場合はその翌日)以外の指定する日(土・日・祝日含む)で、月15日程度

5.勤務時間
 ・午前9時から午後1時
 ・正午から午後4時
 ・午後1時から午後5時
  
 ※シフト制のため、固定不可

6.賃金
 時間額 874円

7.その他手当等
 通勤手当支給、制服貸与

8.業務内容
 受付、案内等

9.面接日
 随時受付

10.面接場所
  源氏物語ミュージアム

11.申し込み
  源氏物語ミュージアム(0774-39-9300)へ電話で面接の予約をしてください。
  ※面接の時間については、ご希望に添えないことがあります。
  ※任用者が決定し次第、面接の受付を終了させていただきます。
    面接時に市販の履歴書(写真貼付)を持参してください。

12.問い合わせ先
  宇治市源氏物語ミュージアム
  住所:宇治市宇治東内45-26
  TEL:0774-39-9300
  FAX:0774-39-9301
| ミュージアム情報 | お知らせ |
12月・1月の開館スケジュール 2017,12,01, Friday

29年12月・30年1月の開館スケジュールをご案内いたします。

12月3日(日)まで企画展『史料はかたる!宇治の橋姫』を開催しています。

また、12月6日(水)からは企画展『寿ぐ屏風絵』を開催します。
屏風の魅力は、大画面で大勢の人が楽しむことができることです。源氏物語図屏風をはじめ、新春を寿ぐ画題を中心に展示します。
会期中、是非お越しください。


※臨時開館の開館時間は午前10時〜午後5時(入館は〜午後4時30分)です。


12月の開館スケジュール
12月
1 2
3 4
休館日
5 6
7
8
9
10 11
休館日
12
13
入門講座E
14
連続講座F
15
16
17
18
休館日
19
20
21
22
23
ドットあつまる!
1/28
24
25
休館日
26
27 28
休館日
29
休館日
30
休館日
31
休館日
           


30年1月の開館スケジュール
1月
1
休館日
2
臨時開館
AM10:00〜
3
臨時開館
AM10:00〜
4 5 6
7 8
9
休館日
10
入門講座F
11
12
13
14
15
休館日
16
17
18
連続講座G
19
20
21
22
休館日
23
24
25
26
27
28
29
休館日
30
31

| ミュージアム情報 | 開館スケジュール |
寿ぐ屏風絵 2017,12,01, Friday
屏風の魅力は、大画面で大勢の人が楽しめることです。源氏物語図屏風をはじめ、新春を寿ぐ画題を中心に展示します。

会期 12月6日(水曜日)〜平成30年2月18日(日曜日)
※会期中展示替を行います。

| ミュージアム情報 | 企画展案内 |
正月臨時開館のお知らせ 2017,12,01, Friday
源氏物語ミュージアムでは、正月臨時開館を行います。

臨時開館日  :平成30年1月2日(火曜日)、3日(水曜日)
開館時間    :午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

※開館時間は午前10時からとなっております。お間違えの無いようご注意ください。
※観覧料は通常通りです。

ご来館の際はできる限り公共交通機関をご利用ください。
| ミュージアム情報 | お知らせ |
<平成29年度連続講座>源氏物語を視覚化する 天皇・貴族の移動と乗り物−おでかけを支える人々− 2017,11,12, Sunday

今年度の連続講座は『源氏物語』、平安時代をキーワードに、ミュージアムの展示資料を切り口として、文学作品である『源氏物語』を視覚化、具現化するとはどのようなことなのか考えます。
第7回は、牛車(ぎっしゃ)や輿(こし)など乗り物についてです。天皇や貴族が移動するとき、牛車や輿が使われました。絵画史料や古記録を用いながら、牛車や輿、そしてこれらに携わった牛飼童(うしかいわらわ)や輿舁(こしかき)の実態を考えます。

開催日 12月14日(木)
講師 西山 剛 さん(京都府京都文化博物館学芸員)
時間 午後2時〜3時30分(受付は1時30分から)
募集人数 80名(多数の場合は抽選〉
参加費 500円
応募方法 往復はがきに「連続講座 第7回」、住所、氏名(ふりがな)、電話番号を記入。
       締切日必着で宇治市源氏物語ミュージアムへ。持参で申し込む場合は、返信用ハガキだけで可。
       ※1枚のハガキにつき1講座1人まで。返信用ハガキにも必ず第7回とご記入ください。
応募締切 11月30日(木)

※連続講座は、5月〜3月(除く10月)毎月1回開催します。

※ご来館の際はできるかぎり公共交通機関をご利用ください。
| ミュージアム情報 | 講座スケジュール |
11・12月の開館スケジュール 2017,10,31, Tuesday
11月・12月の開館日をご案内いたします。

12月3日(日)まで企画展『史料はかたる!宇治の橋姫』を開催しています。
宇治橋の守り神とも、嫉妬の鬼ともいわれる宇治の橋姫。そんな宇治の橋姫を切り口として、江戸時代の古文書をひもとき、地域の歴史を垣間見ます。

また、12月6日(水)からは企画展『寿ぐ屏風絵』を開催します。
会期中、是非お越しください。


11月の開館スケジュール
11月
1 2 3 4
5 6
休館日
7 8
入門講座D
9
10
11
12
読みメン
おはなし会
13
休館日
14
15
16
連続講座E
17
18
関西文化の日
19
関西文化の日
20
休館日
21
22
23
24
25
26
27
休館日
28
29 30


12月の開館スケジュール
12月
1 2
3 4
休館日
5 6
企画展「寿ぐ屏風絵」〜2/18
7
8
9
10 11
休館日
12
13
入門講座E
14
連続講座F
15
16
17
18
休館日
19
20
21
22
23
24
25
休館日
26
27 28
休館日
29
休館日
30
休館日
31
休館日
           

| ミュージアム情報 | 開館スケジュール |
平成29年度 連続講座のご案内 2017,04,15, Saturday
平成29年度源氏物語ミュージアム連続講座

源氏物語を視覚化する


源氏物語ミュージアムは、平成30年に開館20周年を迎えます。『源氏物語』、「平安時代」をキーワードに、ミュージアムの展示資料を切り口として、文学作品である『源氏物語』を、視覚化、具現化するとはどういうことなのか考えます。

連続講座は、5月〜3月(除く10月)毎月1回開催します。

 

開催日

演題

講師

締め切り

1

5月18日(木)

『都名所図会』と『戯子(やくしゃ)名所図会』
−異色の見立て絵本−

廣瀬 千紗子さん

(同志社女子大学特任教授)

4月30日(日)

2

6月15日(木)

雅と国風
ー国風文化論と平安時代像ー

西村 さとみさん

(奈良女子大学准教授)

5月31日(水)

3

7月20日(木)

平安時代 庶民も楽しんだ行事と芸能

山路 興造さん

(元京都市歴史資料館館長)

6月30日(金)

4

8月17日(木)

垣間見る薫
ー結ばれない垣間見ー

吉海 直人さん

(同志社女子大学教授)

7月30日(日)

5

9月22日(金)

平安京の建築工たち

五島 邦治さん

(京都造形芸術大学教授)

8月31日(木)

6

11月16日(木)

『源氏物語』と寺社詣で
ー「玉鬘」からみるー

野地 秀俊さん

(佛教大学非常勤講師)

10月31日(火)

7

12月14日(木)

天皇・貴族の移動と乗り物
ーおでかけを支える人々ー

西山 剛さん

(京都府京都文化博物館学芸員)

11月30日(木)

8

平成30年
1月18日(木)

源氏絵ルネサンス
−江戸初期の岩佐又兵衛派による革新

実方 葉子さん

(泉屋博古館学芸課長)

12月27日(水)

9

2月15日(木)

人生を描く源氏物語
−その魅力を探る−

福嶋 昭治さん

(京都橘大学教授)

平成30年
1月31日(水)

10

3月15日(木)

清少納言と紫式部 それぞれの思い

山本 淳子さん

(京都学園大学教授)

2月28日(水)




◆ 時  間各講座とも午後2時〜3時30分 (受付は1時30分から)
◆ 募集人数80名(多数の場合は抽選)
◆ 参 加 費各講座 500円
◆ 応募方法 往復はがきに「連続講座 第○回」、住所、氏名(ふりがな)、電話番号を記入。締切日必着で宇治市源氏物語ミュージアムへ。持参で申し込む場合は、返信用はがきだけで可。
※1枚のはがきにつき1講座1人まで。返信用はがきにも必ず第○回とご記入ください。
※講座受講者は当日に限り、展示室を無料でご観覧いただけます。
※講座の日時・内容などをやむを得ず変更する場合があります。

10月は源氏物語セミナーの開催を予定しています。詳細が決まりましたらお知らせします。

当日午前11時時点で、宇治市内に気象警報のいずれかが発令された場合は、当日の開催を中止します。ご了承ください。

※ 平成29年6月より、通常はがきが52円から62円に、往復はがきが104円から124円に料金改定されることが日本郵便株式会社より発表されています。連続講座第2回目以降の受講票及び落選通知は6月以降の発送となります。お申込みの際はご注意ください。

※ ご来館の際はできるかぎり公共交通機関をご利用ください。

問い合わせ
宇治市源氏物語ミュージアム
  〒611-0021京都府宇治市宇治東内45-26 Tel 0774-39-9300
| ミュージアム情報 | 講座スケジュール |
平成29年度入門講座 『源氏物語』を読む武士(もののふ)たち 2017,04,15, Saturday
平成29年度の入門講座は、「日本のルネサンス」と呼ばれた室町時代の『源氏物語』に注目します。天皇や公家だけではなく、何故武士たちまでもが『源氏物語』を読もうとしたのでしょう。古典の持つ力―魅力、求心力、魔力…について、「室町時代」「京都」「武士」をキーワードに読み解きます。
1 6月14日(水) 中世の京都 −何故武士も『源氏物語』を読むのか−
2 7月12日(水) 足利義満と『源氏物語』 −光源氏になろうとした将軍−
3 9月20日(水) 足利義政と『源氏物語』 −東山殿と文化・文芸−
4 10月11日(水) 応仁・文明の乱と公家の疎開 −一条兼良・近衛政家の場合−
5 11月8日(水) 応仁・文明の乱後の復興と戦国時代の幕開け −古典復興−
6 12月13日(水) 三条西実隆と『源氏物語』 −地方武士との交流−
7 平成30年
1月10日(水)
能のなかの『源氏物語』 −修羅物と『源氏物語』−
8 2月14日(水) 近世への展開 −信長・秀吉・家康と『源氏物語』−

◆ 時間 午前10時〜11時30分 (受付9時30分〜)
◆ 講師 家塚 智子 (当館職員)
◆ 募集人数 80名 (多数の場合は抽選)
◆ 参加費 1,200円
◆ 会場 宇治市源氏物語ミュージアム 講座室
◆ 応募方法 往復はがきに、「入門講座」、住所、氏名(ふりがな)、電話番号、返信用はがきにも、住所、氏名
   を書き、宇治市源氏物語ミュージアムまでお申し込みください。1枚のはがきにつき申し込みは1名までです。
(源氏物語ミュージアムへ持参の場合は返信用はがきだけで可。)
講座受講者は、当日に限り、展示室を無料でご観覧いただけます。
◆ 締切 5月14日(日)必着

※ 当日午前8時時点で、宇治市内に気象警報のいずれかが発令された場合は、当日の開催を中止します。ご了承ください。
※ ご来館の際はできるかぎり公共交通機関をご利用ください。



問い合わせ
宇治市源氏物語ミュージアム
 〒611-0021京都府宇治市宇治東内45-26 Tel 0774-39-9300
| ミュージアム情報 | 講座スケジュール |
平成29年度企画展スケジュール 2017,04,01, Saturday

平成29年度企画展示のご案内

宇治市歴史資料館合同企画
都名所図会の世界 
−歌枕から名所へ−
会期 平成29年4月26日(木)〜平成29年7月2日(日)
 安永9年(1780)に刊行された『都名所図会』。挿図を多用した本書は、人気を博し、ベストセラーとなりました。古より和歌に詠まれ、親しまれた歌枕をはじめ、各地の名所・旧跡を紹介します。
 会期中、歴史資料館職員、企画展担当者によるギャラリートークを実施します。
源氏ワンダーランド −貴族のジョーシキ!?−
会期 平成29年7月5日(水)〜平成29年9月10日(日)
 『源氏物語』が描かれた平安時代、貴族たちの生活様式は、現在の我々の感覚からするとちょっと不思議な感じがします。絵画資料をとおして、そんな貴族たちの生活をのぞいてみます。会期中、子ども向けの関連事業を実施します。
史料はかたる!宇治の橋姫
会期 平成29年9月13日(水)〜平成29年12月3日(日)
 宇治橋の守り神とも、嫉妬の鬼ともいわれる宇治の橋姫。そんな橋姫をまつるともいわれる橋姫社は、江戸時代まで、宇治橋西詰にありました。地域に残った古文書から、宇治の橋姫についてひもときます。
寿ぐ屏風絵
会期 平成29年12月6日(水)〜平成30年2月18日(日)
 屏風の魅力は、大画面で大勢の人が楽しめることです。源氏物語図屏風をはじめ、新春を寿ぐ画題を中心に展示します。
宇治市歴史資料館合同企画
お茶と名所と宇治と
会期 平成30年2月21日(水)〜平成30年5月13日(日)
 歴史資料館と合同で、宇治の伝統産業で日本遺産にも認定された宇治茶の歴史や、ゆかりの名所を紹介します。会期中、企画展担当者によるギャラリートークを実施します。

※企画展の会期および内容は変更になる場合があります。

| ミュージアム情報 | 企画展スケジュール |
地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)を活用した寄附の募集について 2017,02,01, Wednesday

地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)とは…

国は、全国各地の地方創生の取り組みをさらに加速化させるため、地方公共団体が行う地方創生に関する事業に対して、民間企業の皆様から積極的な寄附を行っていただけるよう、「地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)」制度を平成28年4月に創生しました。

この制度により、地方公共団体が行う地方創生のプロジェクトに対して、企業の皆様が寄附を行った場合に、税額控除の措置を受けることができます。

宇治市では、この制度を活用して企業の皆様から寄附を募り、共感していただける事業を検討し、平成27年12月に策定した「宇治市まち・ひと・しごと創生総合戦略」に掲げる取り組みを積極的に推進したいと考えております。

詳しくは、内閣府地方創生推進事務局ホームページおよび宇治市ホームページをご参照ください。地方創生に向けた取り組みにご賛同いただき、寄附をご検討いただける企業の皆様からの連絡をお待ちしております。

【お問合せ先】
〒611−8501 京都府宇治市宇治琵琶33
宇治市役所 行政経営課
Tel 0774−21−1584  Fax 0774−20−8778
Eメール gyoseikeieika@city.uji.kyoto.jp
| ミュージアム情報 | お知らせ |
カテゴリー別 一覧
    ・ミュージアムだより
    ・講座案内
    ・講座スケジュール
    ・企画展案内
    ・企画展スケジュール
    ・源氏花だより
    ・開館スケジュール
    ・源氏花だより(バックナンバー)
    ・図書室 おすすめ本
    ・お知らせ
    ・刊行物のご案内