宇治市 源氏物語ミュージアム TOP サイトマップ
  THE TALE OF GENJI Museum  
 
ミュージアム情報 展示案内 利用案内 アクセス 源氏物語と宇治 もっと源氏物語 ミュージアムCM 蔵書検索 源氏物語千年紀
 
 
ミュージアム情報
 
 
  全8件  1件目 から 8件目を表示中  
 
 最初   前   [  1  ]   次   最後 
 
平成27年度連続講座 「私」と源氏物語5 2015,07,24, Friday
紫式部と『源氏物語』

夫を喪った傷心の一女性からアマチュア作家へ、そして今上天皇の中宮にして権力者藤原道長のむすめ彰子の侍女へ。『源氏物語』は、作者・紫式部の人生を大きく変えました。では紫式部自身は、この物語をどのように見つめていたんでしょうか。紫式部の「光源氏の物語」に込めた思い、そして「宇治十帖」に込めた思いを読み解きます。

開催日 9月15日(火)
講師 山本淳子さん(京都学園大学教授)
時間 午後2時〜3時30分(受付は1時30分から)
募集人数 80名(多数の場合は抽選〉
参加費 500円
応募方法 往復はがきに「連続講座 第5回」、住所、氏名(ふりがな)、電話番号を記入。
締切日必着で源氏物語ミュージアムへ。持参で申し込む場合は、返信用ハガキだけで可。
※1枚のハガキにつき1人まで。返信用ハガキにも必ず第5回とご記入ください。
応募締切 8月30日(日)
| ミュージアム情報 | 講座案内 |
平成27年度連続講座 「私」と源氏物語4 2015,07,06, Monday
中世の歌人と『源氏物語』
−俊成・定家・正徹を中心に−

『源氏物語』は後世の文学、美術、芸能などに大きな影響を与えました。ここでは、「源氏見ざる歌詠みは遺憾の事なり」という有名な言葉を残した藤原俊成とその子・定家、室町時代の歌人で多くの古典籍の書写を行った正徹を中心に、中世の和歌の世界における『源氏物語』享受を考えます。

開催日 8月20日(木)
講師 植木朝子さん(同志社大学教授)
時間 午後2時〜3時30分(受付は1時30分から)
募集人数 80名(多数の場合は抽選〉
参加費 500円
応募方法 往復はがきに「連続講座 第4回」、住所、氏名(ふりがな)、電話番号を記入。
締切日必着で源氏物語ミュージアムへ。持参で申し込む場合は、返信用ハガキだけで可。
※1枚のハガキにつき1人まで。返信用ハガキにも必ず第4回とご記入ください。
応募締切 7月31日(金)
| ミュージアム情報 | 講座案内 |
企画展「絵で見る平安時代−王朝人のくらし−」関連事業 2015,07,08, Wednesday
ギャラリー・トーク

展示会場で、展示作品を前に企画展担当者が解説をします。作品を注意深く、丁寧に、よく見ていく事で、その魅力をさぐります。

場所 企画展示室
日時 7月23日(木)、8月5日(水)、8月19日(水)
※いずれも午前10時30分と午後1時30分から、30分程度
定員 各回とも30名
対象 小学5年生以上の方
参加費 観覧料が必要
申込方法 当日直接会場へ
| ミュージアム情報 | 企画展案内 |
企画展 絵で見る平安時代−王朝人のくらし− 2015,07,08, Wednesday

『源氏物語』が描かれた平安時代とはどのような時代であったのだろう。本企画展では、当館が所蔵する『源氏絵鑑帖』を中心とした絵画資料によって、貴族のくらしについて探ります。今回は牛車に焦点をあて、その構造や機能、役割などについて見てゆきます。

会期 7月8日(水)〜9月27日(日)
※途中展示替を行います。
| ミュージアム情報 | 企画展案内 |
7月・8月の開館スケジュールのお知らせ 2015,07,07, Tuesday

7月・8月の開館日をご案内いたします。



平成27年7月8日(水)〜9月27日(日)まで、
企画展「絵で見る平安時代ー王朝びとのくらしー」を開催いたします。
『源氏物語』が描かれた平安時代とはどのような時代だったのでしょうか。
当館所蔵『源氏絵鑑帖』を中心に、平安京とはどのような都市だったのか。
そこに暮らす貴族のくらしを見ていきます。会期中、当館学芸員による
ギャラリートークを実施します。
ぜひお越しください。




      7月の開館スケジュール
 

休館日
10 11
12 13
休館日
14 15 16 17 18 
19  20 21
休館日
22 23 24 25
26 27
休館日
28 29 30 31   


      8月の開館スケジュール
 

休館日
10
休館日
11 12 13 14 15 
16 17
休館日
18 19 20 21 22
23 24
休館日
25 26 27 28 29
30  31
休館日
         


| ミュージアム情報 | 開館スケジュール |
平成27年度連続講座案内 2015,06,01, Monday
平成27年度源氏物語ミュージアム連続講座

「私」と源氏物語

 『源氏物語』の求心力とその魅力の源に迫ります。
  連続講座は、5月〜3月(除く10月)毎月1回開催します。

No. 開催日 演題 講師 締め切り
1 5月20日(水) 今を生きる私たちと源氏物語

福嶋昭治さん
京都橘大学教授

募集終了
2 6月18日(木) 『源氏物語』で生きる
ー御子左家の「女あるじ」阿仏尼の場合ー

安藤徹さん
龍谷大学教授

募集終了
3 7月24日(金) 『源氏物語』にあこがれて
ー『更級日記』にみる夢と現とー

野口孝子さん
同志社女子大学非常勤講師

募集終了
4 8月20日(木) 中世の歌人と『源氏物語』
ー俊成・定家・正徹を中心にー

植木朝子さん
同志社大学教授

7月31日(金)
5 9月15日(火) 紫式部と『源氏物語』

山本淳子さん
京都学園大学教授

8月30日(日)
6 11月19日(木)
描かれた『源氏物語』
ー源氏絵を読む

龍澤彩さん
金城学院大学准教授

10月31日(土)
7 12月12日(土) 『源氏物語絵巻』がつくられた時代

栗山圭子さん
神戸女学院大学専任講師

11月29日(日)
8 平成28年
1月21日(木)
金春禅竹の『源氏物語』

大山範子さん
神戸女子大学古典芸能研究センター非常勤研究員

12月27日(日)
9 2月18日(木) 東山時代の一縉紳が見た源氏物語
ー三条西実隆の日記よりー

五島邦治さん
京都造形芸術大学教授

1月31日(日)
10 3月16日(水) 作家と『源氏物語』
ー与謝野晶子と田辺聖子の場合ー

中周子さん
大阪樟蔭女子大学教授
田辺聖子文学館副館長

2月28日(日)

  
◆ 会  場 源氏物語ミュージアム 講座室
◆ 時  間 各講座とも午後2時〜3時30分 (受付は1時30分から)
◆ 募集人数 80名(多数の場合は抽選)
◆ 参 加 費 各講座 500円
◆ 応募方法 往復はがきに「連続講座 第○回」、住所、氏名(ふりがな)、電話番号を記入。締切日必着で源氏物語ミュージアムへ。持参で申し込む場合は、返信用はがきだけで可。
※1枚のはがきにつき1人まで。返信用はがきにも必ず第○回かをご記入ください。
講座受講当日に限り、展示室に無料でご入館いただけます。受講票をご提示ください。

■10月は源氏物語セミナーの開催を予定しております。詳細が決まりましたらお知らせいたします。



問い合わせ
宇治市源氏物語ミュージアム
 〒611-0021京都府宇治市宇治東内45-26 Tel 0774-39-9300
| ミュージアム情報 | 講座スケジュール |
平成27年度企画展スケジュール 2015,04,18, Saturday

平成27年度企画展示のご案内

小林等の源氏絵
会期 平成27年4月22日(水)〜7月5日(日)
当館が所蔵する日本画家、小林等の描いた源氏絵54点を展示します。穏やかで美しく清らかな源氏絵の世界をお楽しみください。
絵で見る平安時代
―王朝びとのくらし―
会期 平成27年7月8日(水)〜9月27日(日)
『源氏物語』が描かれた平安時代とはどのような時代だったのでしょうか。当館所蔵『源氏絵鑑帖』を中心に、平安京とはどのような都市だったのか。そこに暮らす貴族のくらしを見ていきます。会期中、当館学芸員によるギャラリートークを実施します。
宇治市源氏物語ミュージアム×小倉百人一首殿堂「時雨殿」
紫式部の和歌と物語

紫式部と源氏物語
会期 平成27年9月30日(水)〜11月29日(日)
『源氏物語』の作者紫式部の足跡と虚像に迫ります。
宇治市歴史資料館合同企画
「源氏」的なるものと宇治
都名所図会の世界
会期 平成27年12月2日(水)〜平成28年2月14日(日)
『源氏物語』と源平合戦。同じ「源氏」でも少し違います。「源氏」とは何でしょうか。宇治をはじめ「源氏」ゆかりの名所をご案内します。
源氏物語 かさねの色目
―宇治十帖の世界―
会期 平成28年2月18日(木)〜4月17日(日)
染織史家 吉岡幸雄氏が平安王朝の多彩な「かさねの色目」を『源氏物語』に沿って再現。今回は再現された「宇治十帖」のシリーズを中心にご紹介します。

※展覧会の会期および内容は変更になる場合があります。

| ミュージアム情報 | 企画展スケジュール |
図録販売のご案内 2014,10,18, Saturday

ミュージアム開館中は、受付・ミュージアム内図書室にて販売しております。

宅配を希望される場合・・・ 購入希望の図録名と図録の代金を現金書留にてミュージアムあてに郵送してください。 確認ができましたら、送料着払いにて図録を送付いたします。
郵送を希望される場合・・・図録の代金と送料を下記を参考に現金書留にてミュージアムあてに郵送してください。※送料分は切手にして同封してください。

宛先 〒611−0021 京都府宇治市宇治東内45−26 宇治市源氏物語ミュージアム

 
販売図録
図録名 定価 内容
常設展示案内 1,000円 当館の展示物や源氏物語、宇治十帖の古跡に関する図録
源氏絵鑑帖 1,000円 当館所蔵の伝土佐光則筆『源氏絵鑑帖』(絵54枚)を原寸大カラー印刷したもの
幻の写本・大澤本源氏物語 1,000円 幻の写本・大澤本に関する図録
郵送の場合の料金(参考)
冊数 料金
1冊図録代1,000円+切手代300円=1,300円
2冊図録代2,000円+切手代350円=2,350円
3冊図録代3,000円+切手代460円=3,460円
4冊図録代4,000円+切手代460円=4,460円
※送料分は切手にして同封してください。
| ミュージアム情報 | 刊行物のご案内 |
カテゴリー別 一覧
    ・ミュージアムだより
    ・講座案内
    ・講座スケジュール
    ・企画展案内
    ・企画展スケジュール
    ・源氏花だより
    ・開館スケジュール
    ・源氏花だより(バックナンバー)
    ・図書室 おすすめ本
    ・お知らせ
    ・刊行物のご案内